スポーツ

2008年12月 7日 (日)

NOAH「Winter Navigation'08」最終戦を観た

※例によってネタバレあります。


プロレスリング・ノア「Winter Navigation'08」最終戦
2008.12.7 日本武道館

・○平柳 VS ×宮原

・井上 & 菊地 & △太田 VS 志賀 & 川畑 & △橋

・○青木篤志 VS ×伊藤旭彦

・小川良成 & ○田上明 VS 杉浦貴 & ×本田多聞

・力皇 & 丸藤 & ○ヨネ VS 高山 & 佐野 & ×マルビン

・○三沢光晴 VS ×中嶋勝彦

・GHCヘビー級選手権挑戦者決定戦
○秋山準 VS ×森嶋猛

・GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権
金丸義信& ○鈴木鼓太郎(王者チーム) VS
           ×KENTA & 石森太二(挑戦者チーム)

・GHCヘビー級選手権
○佐々木健介(王者) VS ×齋藤彰俊(挑戦者)


記録のための日記。
「観た」ということをメモしておきたいのだ。
メモすることに何の意味があるのか、という
気がしないでもない笑)。

僕がノアのブッカーに聞きたいのは、なぜ本年最後の武道館大会の
メインエベントが佐々木VS齋藤という地味~なカードなのかという
一点につきる。他になかったのかね?
試合は男臭プンプンの力の入った内容。
齋藤選手が健介選手に勝つという気配がなかったのは非常に残念だ。

ベストマッチはセミファイナルのタッグタイトル戦。これはいい試合だった。
僕の周りの席のお客さんはみーんなKENTA組を応援してた。
KENTAへの声援が非常にうるさくて、だんだん俺もムカついてきちゃって
一人で金丸選手と鼓太郎選手を大声で応援してた。
そしたら鼓太郎がKENTAに勝ってしまい、針のムシロ状態。
帰り道でKENTAファンに刺されるんじゃないかと思った・・。
もういい年なんだからプロレスでヒートするのは止めておきたい笑)。

鼓太郎選手と平柳選手は狡賢い知的ヒール路線の方が似合う。
噛み付きとか血舐めたりとか野蛮なヒールはキャラが違うかなと思った。

2008年11月 4日 (火)

「プロレスLOVE in 両国 Vol.6」観てきた

Img_1256
面白いなあプロレスは。

なんだろう、この面白すぎるショーは。


とりあえず、今、言いたいことは・・・

丸藤 VS 近藤がもの凄い。
丸藤 VS 近藤がもの凄い。
丸藤 VS 近藤がもの凄い。

ということ。

本当にすんごい試合だったので、同じ事を3回言ってみた。
今年の年間最高試合はこの世界ジュニア戦じゃないかなあ。

丸藤選手とカズ・ハヤシ選手の試合も楽しみだ。
この顔合わせも相当いい試合になる予感。


メインの三冠戦はキャラの強い者同士の試合だった。
このキャラクター対決、みのる選手の方が若干上まわっていたかな。
さすがのムタもみのる相手に困っていた(ように見えた)からね。

最後はあっけなかったが、ムタの試合でジャパニーズスタイルの
いい試合は最初から期待していない。
まあセミの世界ジュニア戦が凄すぎたので、ちょっと損したかな。

試合後の高山選手の登場には驚いたね。いい予告編だ。

第1試合からメインまで、ひとつとして同じ色の試合がない全日本プロレスは、
バラバラの個性が見事にひとつにまとまっているプロのリングだと思った。


全日本プロレス「2008 プロレスLOVE in 両国 Vol.6」
2008.11.3 両国国技館

・○渕正信 VS ×荒谷望誉 VS 菊タロー

・×真田聖也 VS ○征矢学

・西村修 & E・シャープ & ×S・チャング VS ○太陽ケア & NOSAWA論外 & MASADA

・浜亮太デビュー戦
 ○曙 VS ×浜亮太

・諏訪魔 & ×カズ・ハヤシ & 土方隆司 VS TARU & ○平井伸和 & “brother”YASSHI

・小島聡 & KAI & ×大和ヒロシ VS 天山広吉 & 裕次郎 & ○内藤哲也

・世界ジュニアヘビー級選手権試合
 ○丸藤正道(王者)VS ×近藤修司(挑戦者)
※丸藤がタイトル防衛に成功

・三冠ヘビー級選手権試合
 ○グレート・ムタ(王者) VS ×鈴木みのる(挑戦者)
※ムタがタイトル防衛に成功

2008年10月13日 (月)

新日本プロレス「DESTRUCTION'08」 を観てきた

※ネタバレありますから!


やはりプロレスラーは年くってる方がいい。
落語家と同じだね。ベテランならではの味が出てくる。

今回はさすがに武藤さんも負けちゃうかなー。
もうそろそろ王座交替の時期だろうなあ・・と思いながら観戦。

武藤さん、早々とムーンサルト出しちゃって、
ありゃフィニッシュ出しちゃったよ・・負けブックか?
と思ってたら、意外な技が!
素晴らしすぎる武藤さん。

次はいよいよ「T」のつく黒い人が登場するのだろうか。
どうなる?二人とも動けないぞ笑。

永田選手と田中選手の試合は、面白かったんだけど、
田中選手の技がどうも説得力に欠けて見えるんだよね(私には)。
身体絞りすぎじゃないのかなあ。


新日本プロレス「DESTRUCTION'08」
2008.10.13 両国国技館

・井上 & ○田口 VS ミラノコレクションA.T. & ×石狩

・IWGP Jr.タッグ選手権試合
 ×稔 & プリンス・デヴィット(王者) VS ○裕次郎 & 内藤哲也(挑戦者)
※裕次郎 & 内藤哲也が新チャンピオン

・×獣神サンダーライガー & 金本浩二 & タイガーマスク VS
                         ○ロウ・キー & 邪道 & 外道

・小島聡 & KAI & ×大和ヒロシ(全日本プロレス) VS
                     真壁刀義 & ○矢野通 & 石井智宏

・蝶野正洋 & ×棚橋弘至 VS ○中西学 & 吉江豊

・×後藤洋央紀 VS ○ジャイアント・バーナード

・チェーン・デスマッチ
 ×天山広吉 VS ○飯塚高史

・世界ヘビー級選手権試合
 ×田中将斗(ZERO1-MAX/王者) VS ○永田裕志(挑戦者)
※永田が新チャンピオン

・IWGPヘビー級選手権試合
 ○武藤敬司(全日本プロレス/王者) VS ×中邑真輔(挑戦者)
※武藤が王座防衛に成功

2008年9月 1日 (月)

「プロレスLOVE in 両国」を観てきた

全日本プロレス「2008 プロレスLOVE in 両国 Vol.5」
2008.8.31 両国国技館

・○渕 VS ×荒谷

・K・ハヤシ & E・サムライ & ×A・トーマス VS
          ○T28 & 大和ヒロシ & F・アトラス

・J・ドーリング & ○雷陣明 & S・ダモール VS
         ゾディアック & 近藤修司 & דbrother”YASSHI

・西村修 & ×平井伸和 & 真田聖也 & 征矢学 VS
        ○鈴木みのる & NOSAWA論外 & MAZADA & TAKEMURA

・世界ジュニアヘビー級選手権試合
 ○土方隆司(王者) VS ×KAI(挑戦者)

・○小島聡 & 天山広吉 VS ×TARU & 真壁刀義

・IWGPヘビー級選手権試合
 ○武藤敬司(王者) VS ×後藤洋央紀(挑戦者)

・三冠ヘビー級選手権試合
 △諏訪魔(王者) VS △太陽ケア(挑戦者)
 ※時間切れ引き分け。ルールにより諏訪魔がタイトル防衛。


ああ、プロレスは本当に面白い。

全日本プロレスの両国国技館大会を観てきた。

前半戦ではやはり鈴木みのるが面白い。
今回は休憩前の8人タッグマッチという添え物的なカードだったが、
そこは鈴木、ただでは終わらない。
いろんなことやっていて、彼から目が離せない。
おいしい所独り占めだ。

小島&天山とTARU&真壁の試合は、笑っちゃうくらい単純な
ベビー対ヒールのタッグマッチ。
こんな特撮ヒーロー物みたいなアングルが何故かすごく面白かったな。
全員がプロフェッショナルで、とにかく役割に忠実だった。
陰の立て役者はTARUだね。彼がいたからここまで面白くなったと思う。

IWGPのタイトル戦は今大会のベストマッチだった。
やっぱり武藤さんはすごい。素晴らしい。
後藤選手には申し訳ないけど、役者が全然違うと思った。
フィニッシュムーブは、あんまり良すぎて涙目になったよ。

メインの三冠戦は30年位前の全日本プロレスの試合だった。
いわゆる観客不在の試合。いまどきこれをやるとはブッカーの感性に
疑問を感じる。60分フルタイム戦うという台本が途中から読めてしまい
がっかりだった。たまにこういうことがあるからプロレスは不思議だ。

2008年8月16日 (土)

新日本プロレス「G1 CLIMAX 2008」を見てきた

1
17日が最終日。
そこで今年の優勝者が決まるわけだが、あえて16日の両国大会へ
行ってきました。

メインの試合はボーナストラックだ。
カート・アングルとAJスタイルズがTNAから参戦してたが、
二人とも調子はいまいちだったみたい。
AJがとられるというブックかと思ったら、意外に棚橋が負けてた。

良かった選手は中西、吉江、大谷、あとAKIRA選手も
すばらしく動きがキレていて感動した。
みんなアラフォー世代の選手だ。
自分と同世代のおじさん選手をどうしても贔屓目で見てしまうな。

会場へ行くとグッズTシャツを買ってしまう。
その場の雰囲気でかっこいいかも、と思ってしまうからだ。
で、家へ帰ってからよーく見てみると、??なデザインで、
日常生活ではとても着れない。この失敗はよくやる。

新日本プロレス「G1 CLIMAX 2008~HEROES OF SUPREMACY~」
2008.8.16 両国国技館

・○“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン&本間&石井 VS ×岡田&内藤&裕次郎

・G1 CLIMAX Aブロック公式戦
○井上亘 VS ×中西学

・G1 CLIMAX Bブロック公式戦
○後藤洋央紀 VS ×矢野通

・G1 CLIMAX Bブロック公式戦
○吉江豊 VS ×天山広吉

・G1 CLIMAX Aブロック公式戦
○真壁刀義 VS ×ジャイアント・バーナード

・IWGP Jr.タッグ選手権試合
○プリンス・デヴィット&稔(王者) VS ×AKIRA&獣神サンダー・ライガー(挑戦者)

・G1 CLIMAX Aブロック公式戦
△小島聡 VS △大谷晋二郎

・G1 CLIMAX Bブロック公式戦
○川田利明 VS ×永田裕志

・○カート・アングル&中邑真輔 VS ×棚橋弘至&“フェノメナール”AJスタイルズ

2008年5月11日 (日)

全日本プロレス「RISE UP TOUR 2008 開幕戦」

またプロレス見てきたんだけど、いやー、プロレス面白いわ・・。

まさかこの年齢になっても会場までプロレスを見に行って、
しかも面白がれるとは思わなんだ。

もしかしたら成長が止まってるのかな俺。

今日は昼間っからウーロンハイを飲みながら、
イイ気持ちで楽しく見てきた。

普段出さない大声も出してきた。

メインはIWGPと三冠ヘビー級王者の揃い踏み。

小島も健介もいないシリーズだけど、鈴木みのるはフル出場か?

みのるの試合は面白いよなー。


全日本プロレス「RISE UP TOUR 2008 開幕戦」
2008.5.11 後楽園ホール

・○真田聖也 VS ×征矢学

・荒谷望誉 & ×平井伸和 VS TARU & ○“brother”YASSHI

・×T28 & KAGETORA VS 近藤修司 & ○アル・ダバリ

・土方隆司 & ×駿河一 VS カズ・ハヤシ & ○KAI

・○ジョー・ドーリング VS ×ゾディアック

・渕正信 & ○西村修 & エル・サムライ VS NOSAWA論外 & MAZADA & ×TAKEMURA

・×武藤敬司 & 諏訪魔 VS ○太陽ケア & 鈴木みのる

2008年4月29日 (火)

プロレスリング・ノア「グローバル・タッグリーグ戦'08最終戦」

小橋選手が出場する大会なのに、2階席に空席が目立った。
もうすでに小橋の神通力も切れてきたのか・・。

プロレスとはあらかじめ勝敗が決まっている格闘技ショーである。
ただ台本はあっても試合はライブなので、台本通りにならないことも
たまにあるということだ。
だからと言って私はプロレスを侮蔑するような気持ちは全くない。
レスラーに敬意を持っているし、見世物だと承知してプロレスを
楽しんでいる。
私は今後もずっとプロレスファンでありノアファンです。

今回のタッグリーグ戦、おそらくシナリオでは秋山&力皇あたりが
優勝する予定だったのでしょう。
ところが優勝は脇役の斎藤&バイソンという ことになってしまい、
おそらく何らかの想定外な事が発生したために こんな誰も望まない
結果になったのだろうと予想します。
ノアサイドも多くのファンも望まない結末になってしまったことが
残念ですね。

それと試合のクオリティの高い丸藤組や秋山組を差し置いて、
よりによって三沢&小川VS斎藤&バイソンという弱いカードを
武道館のメインにしてリーグ戦の最後を飾る試合にせざるを得なかった
のも失敗だったと思います。

三沢さんは劣化が激しく、もう試合で客を満足させることが
出来なくなっている。老体に鞭打って戦っている姿は無残で見るに
耐えられません。第1戦でのファイトはそろそろやめて欲しいです。

今回のような総当りリーグ戦、最終戦では優勝決定戦だけを
行うようにすればもう少しうまい結末になったのではないかな。
そんな感想を持った武道館大会でした・・。


プロレスリング・ノア「グローバル・タッグリーグ戦'08最終戦」
2008.4.27 日本武道館

・平柳&○伊藤VS起田&×宮原

・川畑&志賀&○菊地VS井上&泉田&×百田

・金丸&○石森VSダニエルソン&×青木

・田上&鼓太郎&×マルビンVS○ディーロ&ブキャナン&フィッシュ

・小橋建太&×本田多聞& KENTA VS高山善廣&○佐野巧真&潮崎豪

・グローバル・タッグリーグ公式戦
 ×森嶋猛&モハメド・ヨネVS丸藤正道&○杉浦貴

・グローバル・タッグリーグ公式戦
 秋山準&×力皇猛VS○佐々木健介&中嶋勝彦

・グローバル・タッグリーグ公式戦
 三沢光晴&×小川良成VS○齋藤彰俊&バイソン・スミス
 ※斎藤&バイソン組が優勝

2008年3月 2日 (日)

プロレスLOVE in 両国

全日本プロレスの両国大会へ。

ちょっと寂しい客入り。
やはりプロレスって、見る人の想像を超えたものや
予想をいい意味で裏切るような部分ががないと、魅力が一気になくなりますね。
今回は特にそう思った大会でした。いい試合は多いんだけど、みんな平均点。

鈴木みのる選手がチャンピオンだった時は賛否はあったけど、面白かった。
いつも新しいものがあったし、客の想像を超えたものがあったからね。

サプライズは中嶋選手が負けて、王座陥落したこと。
でもシルバー・キングっていうメキシカンはかなりの実力者だし、
順当な結果か。

ドリー・ファンク・ジュニアのレスリングはもはや名人芸の域に達していた。
いい引退試合でした。

全日本プロレス「プロレスLOVE in 両国 Vol.4」
2008.3.1 両国国技館

・○真田 & 駿河 VS 征矢 & ×CJオーティス

・×T28 & 大和ヒロシ & KAI VS ○NOSAWA論外 & MAZADA & TAKEMURA

・ドーリング & カズ & ○土方 VS ゾディアック & 近藤 & ×谷嵜

・○諏訪魔 VS ×TARU

・世界ジュニアヘビー級選手権試合 
 ×中嶋勝彦(王者) VS ○シルバー・キング(挑戦者)

・○武藤敬司 & 棚橋弘至 VS 川田利明 & ×太陽ケア

・ドリー・ファンク・ジュニア引退試合
 ○ドリー・ファンク・ジュニア & 西村修 VS 天龍源一郎 & ×渕正信

・三冠統一ヘビー級選手権試合
 ○佐々木健介(王者) VS ×小島聡(挑戦者)

2008年1月 7日 (月)

プロレスリング・ノア「The First Navigation’08」開幕戦

Img_0547
プロレスリング・ノアのシリーズ開幕戦へ。

ディファ有明というこの会場、今回は南側の座席に座ったんだけど、
前の人の頭が邪魔で非常に見難い・・・。
もうこの会場の南席は買わないことにした。
でも器が小さいので写真撮るにはいい会場なんだけどね。

果たして、小川選手とKENTA選手のシングルマッチは
実現するのだろうか。


プロレスリング・ノア「The First Navigation’08」開幕戦
2008.1.6 ディファ有明

・志賀&○川畑 VS 泉田&×平柳

・佐野&×伊藤 VS 本田&○菊地

・田上&×井上 VS D・ウイリアムス&○N・マッギネス

・小川&○鼓太郎 VS KENTA&×石森

・秋山&×谷口 VS 斎藤&○B・スミス

・○青木篤志 VS ×デイビー・リチャーズ

・GHCジュニアヘビー級選手権試合
 ○金丸義信(王者)VS ×ロッキー・ロメロ(挑戦者)

・三沢&潮崎&×太田 VS 森嶋&丸藤&○M・ヨネ

2008年1月 5日 (土)

新日本プロレス「レッスルキングダムⅡ」

Img_0542
※ネタバレあります。

2008年のプロレス初め。新日本の1.4ドーム大会へ行ってきました。
スタンド席の最前列といういい席での観戦でした。
毎度のことだけど、新日本のドーム大会は選手入場のシーンが
すごいかっこいいよなあ。
でも今回は観客動員的にはかなり寂しい入りでしたね・・。

ベストマッチは永田VSアングル戦。
IWGPタッグの試合や真壁&矢野VSチーム3D戦もよかった。
ああ、俺ってつくづくアメプロ好き。

中邑選手はマイクアピールが下手で締らないよ。

新日本プロレス「レッスルキングダムⅡ」
2008.1.4 東京ドーム

・稔&×ミラノコレクションA.T.&P・デヴィット VS
○クリスチャン・ケイジ&AJスタイルズ&P・ウィリアムス

・IWGP Jrヘビー級選手権試合
○井上亘(王者) VS ×クリストファー・ダニエルズ(挑戦者)

・○中西学 VS ×アビス

・飯塚&金本&タイガー&×田口 VS 田中&高岩&○吉江&竹村

・×真壁刀義&矢野通 VS チーム3D(レイ&○ディーボン)

・藤波&○長州&蝶野&ライガー&AKIRA VS
                  邪道&外道&TARU&近藤&×YASSHI

・○グレート・ムタ VS ×後藤洋央紀

・IWGPタッグ選手権試合
○ジャイアント・バーナード&トラヴィス・トムコ(王者) VS
               スタイナー・ブラザーズ(×リック&スコット)(挑戦者)

・×永田裕二 VS ○カート・アングル

・IWGPヘビー級選手権試合
×棚橋弘至(王者) VS ○中邑真輔(挑戦者)